2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【長尾大庭長江】平姓鎌倉党総合スレ【香川梶原俣野】

1 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/07(火) 00:41:50

香川、梶原、俣野、長尾、大庭、長江、酒匂、只野(多田野)、古屋、
豊田、桑良(景行系長尾)、安積氏らについて語りましょう。

時代は平安後期から戦国時代まで、江戸時代以降藩士になった家の話題もあればどうぞ。

2 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/07(火) 00:43:14
基地害長尾厨がまた論破されるためにスレ立てたのかw
お前ら本当にドM野郎だなw

3 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/07(火) 00:49:48
>>2
ここは鎌倉党全般のスレです。長尾に限らず鎌倉氏一族ならなんでもおk

4 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/07(火) 00:59:53
良スレハケーン

5 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/07(火) 01:04:45
猪俣もそうだっけ?

6 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/07(火) 01:06:01
北条は違うの?

7 :長江義景信者:2009/07/07(火) 03:47:10
北条は伊勢平氏系

8 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/07(火) 09:39:00

梶原景時は忠臣

9 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/07(火) 11:18:06
それは知ってる

10 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/07(火) 12:23:58
10げっと

11 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/07(火) 22:04:59
良スレアッ━━━━━━!!

12 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/08(水) 00:55:14

需要が有りそうで無さそうなスレ

13 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/08(水) 01:46:17
長尾景春について騙ろう

14 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/08(水) 03:11:33
お前らこんど大船駅でオフ会やるよ。
缶ビール持ち寄って長尾郷で宴会だ。

15 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/08(水) 10:32:32
>>14
www

16 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/08(水) 20:10:48
鎌倉景政―大庭景継―長江義景―長尾景行  でおk?

17 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/08(水) 20:37:48
坂東平氏はみなはやい時点で平を名乗らなくなるのね 独立志向が強いのか

18 :奇矯屋onぷらっと ◆SRGKIKYOUM :2009/07/08(水) 20:39:03
平氏じゃないからじゃない?

19 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/08(水) 21:12:18
伊豆北条は違うの?

20 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/08(水) 22:11:13
実家が横浜戸塚区俣野町だから
大庭一族俣野氏のエリア・・旧ドリームランドの丘の麓が居館跡
ちなみに戸塚区栄区泉区の御霊神社はほとんど鎌倉景政を祀る

21 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/08(水) 22:46:15
>>18
宝賀オタ乙w

22 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/10(金) 00:31:40
宝賀は、古代士族と地方下向平氏・源氏の招婿婚による
勢力的・領主的な合一を無視しすぎ

23 :奇矯屋onぷらっと ◆SRGKIKYOUM :2009/07/12(日) 07:50:46
>>22には同意。

24 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/12(日) 09:44:43
某スレよりコピペ

>宝賀寿男がバカなのも、日本は中世までは婿入り婚(妻問い婚)だったという事実を(恐らく故意に)無視しているから。
>「○○氏は祭祀体系が源(平藤橘)氏のものとは明らかに違う、よって仮冒であろう」なんてのが多いが、婿入り婚だった当時の社会背景を考慮すれば、当たり前だってのw。


25 :つづき:2009/07/12(日) 09:47:02
>氏は源平藤橘でも、中身は母系集団の一員として育ってるんだから。
>「実際は古族の末裔であろう」なんてのもバカかアフォかと。
>国造に代表されるような「古族」が、時代時代の中央勢力の一族(源平藤橘など)から婿を取って、父方は中央貴族、実体は母方の一族を継承しているってのが殆んど

26 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/12(日) 09:52:21
まあその程度の奴が大手を振ってる今の日本の学界のショボさを嘆くべきだな
カクコウゾウみたいなのがTVに出まくってる時点で終わってるが

27 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/12(日) 22:55:36
>>25
もしかしたら父方が地方豪族で母方が源平藤橘というのも
中にはあるかもしれないが、平安後期〜鎌倉期に現れた武家には
何かしらの由緒があって本姓を名乗るのが実情と見るべきで
怪しいところがあるからといって全て仮冒とするのは間違っているよなあ

28 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/12(日) 23:32:37
三浦氏なんかは良文と忠通との間の欠落が大きいね
系図によっては良文―忠頼―忠通とか、良文―忠光―忠通 になってるけど

29 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/12(日) 23:46:54
宝賀は系図の欠落に関しては、
『一世代を補う必要はあるものの基本的には信頼して良いものと思われる』
みたいに系図を肯定的に捉える場合も多いんだよな。
その線引きがなんとも主観的なんだがw

30 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/12(日) 23:50:35
>>28
忠通の前に忠光や忠頼が入っていないと系図として成立しないしな。

31 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/13(月) 00:06:59
良文(886)―忠光(920?)―貞通(貞光、956?)―忠通(980?)―為通(1010)―為継(1047)

32 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/13(月) 01:00:45
下賤長尾が仮冒なのは確定事項

33 :奇矯屋onぷらっと ◆SRGKIKYOUM :2009/07/13(月) 07:03:28
良正が良茂の子というのは諱から認めたくない。
三浦氏は忠常の血を何らかの系統で紡いでいると信じたい。

34 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/13(月) 11:20:12
良文―忠頼―忠常―忠通―為通・章名 という系図もあるね

35 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/14(火) 00:55:38
>また一部の歴史学者が仮冒だ偽系だと騒ぐのも可笑しい話で、出自(家系)とはそういうものなのである。


http://www.myj7000.jp-biz.net/q&a/q&a2.htm
(招婿婚や女系系図についても書いてある)

36 :奇矯屋onぷらっと ◆SRGKIKYOUM :2009/07/14(火) 07:05:00
三浦氏が北条執権の下でも族滅させられかけても大族であり続けられた理由として、
血統の折目が北条より正しかったんじゃないかと思うんだな。
でなければ良文流、良正流、良兼流など複数の高望王の系譜が存在しないだろうから。



37 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/14(火) 08:17:05
三浦家は二度滅びる

38 :奇矯屋onぷらっと ◆SRGKIKYOUM :2009/07/14(火) 08:32:08
そして微妙な庶流を遺す。

39 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/14(火) 14:31:09
蘆名、和田、黒川、・・・・

40 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/14(火) 23:58:45
40げっと

41 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/15(水) 23:17:32

意外とレベルが高いスレだなw

42 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/17(金) 21:30:32
懐島も大庭も梶原も長尾も砦跡の案内板があるが
豊田と俣野はないな、、どちらも場所が特定できないのか・・。

43 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/18(土) 00:21:56
(´;ω;`) ぶわっ

44 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/19(日) 23:52:12
44げあと

45 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/20(月) 00:10:32
日本語おk

46 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/22(水) 22:59:03

>>1

相模古族の末裔であろう(キリッ

47 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/23(木) 18:02:20
その古族とは?
国造?

48 :奇矯屋onぷらっと ◆SRGKIKYOUM :2009/07/23(木) 22:17:00
武蔵国造とか相武国造とか。

49 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/23(木) 22:19:11
相武国造って相模川流域が地盤で
師長国造が酒匂川流域か、、、

50 :KowLoon ◆8Dxo02Kui. :2009/07/23(木) 22:31:55
成務朝での国造封建は非常に多いですよね。

51 :奇矯屋onぷらっと ◆SRGKIKYOUM :2009/07/23(木) 22:43:46
混み入った説明が面倒なので、この話題について触れたことのない方は
以下のスレを参考にしてください。
ttp://yy33.kakiko.com/test/read.cgi/kikyoya/1135071745/

52 :KowLoon ◆8Dxo02Kui. :2009/07/23(木) 23:11:32
>>51
殆ど相模に関しては触れていなかった様に思いますが・・・

53 :奇矯屋onぷらっと ◆SRGKIKYOUM :2009/07/23(木) 23:18:19
鎌倉党は相模に直接繋がらないっぽいからそんでいいの。


54 :KowLoon ◆8Dxo02Kui. :2009/07/23(木) 23:32:54
なるほど。
そういうものなんですね。

55 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/25(土) 23:17:18
戸塚に相模国造の三世代下の者の古墳があるが
相模川流域が国造の勢力圏ではないのか?

56 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/25(土) 23:29:27
おーっとw

57 :KowLoon ◆3bW8QbgPeM :2009/07/25(土) 23:51:18
相模国造となりますと、漆部伊波が760年代に任じられておりますね。
まぁ、この人物も仲麻呂の乱鎮圧に功績を挙げたとの事ですし、その
点は武蔵国造となった武蔵氏(丈部氏)や入間宿禰の姓を与えられ
た物部氏同様ですしね。

まぁ、詳しくはわかりませんのでなんとも言えない内容ではありますが
、この地域ですと相模国造ではありませんが、神奈川県東部を支配
していたとされる相武国造でしたら、武蔵同様に出雲臣族が国造で
あったとされますし、壬生氏でしたら皇族との兼ね合いや関東近辺に
あった国造との関連性もあるかもしれませんね。

58 :KowLoon ◆8Dxo02Kui. :2009/07/26(日) 00:43:50
あぅ・・・トリしくじってますね・・・

59 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/27(月) 18:27:10
出雲系は力あったんだなあ・・やっぱ鉄は国家ナリ。

60 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/27(月) 23:36:12
上杉は榎本宿弥

61 :KowLoon ◆8Dxo02Kui. :2009/07/28(火) 21:08:59
まぁ、相武国造及び相模国造は武蔵国造とその派生一族に関連
がありそうですし、徐々に調べてみますかね。

なお、本題となっている鎌倉党?と呼ばれる方々ですが、鎌倉が絡
むものとしては、日本武尊の後裔(鎌倉別?)、鎌倉氏(但馬、隠
岐、相模)、鎌倉家(藤原北家御子左冷泉家流、日野家流)、
通称?(清和源氏嫡流、足利氏流)等があるようですね。

まぁ、本当に表面のみをすくっただけですから断言はできませんが、表
面的なものからは相模国造家をはじめとする旧国造家との関連性
は見当たらないようです。

62 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/30(木) 09:15:41
くわしいな

63 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/30(木) 20:48:37
長江の本拠は葉山でいいのか?

64 :KowLoon ◆8Dxo02Kui. :2009/07/31(金) 01:24:24
現在の葉山町の周辺がかつての長江邑(後に長柄邑)だったとの事
ですので、良いんじゃないでしょうか?

なお、鎌倉党ではないかもしれませんが、三浦氏や太田氏に関しま
しては、古代氏族(国造系)との繋がりがあるかもしれませんね。

65 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/31(金) 10:32:23
下向した皇胤が地方古族に招婿となって
のちの武士、大名になったのがほとんどやろ

66 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/31(金) 12:04:47
蛆虫三戦

67 :無名武将@お腹せっぷく:2009/07/31(金) 20:57:38
どうしても俣野城の場所が知りたい。
俣野町の観音堂一帯か、、、東俣野中央公園一帯か、、

68 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/01(土) 10:23:33
昔の俣野は広大だったのか?

69 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/01(土) 19:03:55
東俣野・俣野が戸塚区
西俣野が藤沢市
境川をはさんで広大だわな

70 :KowLoon ◆8Dxo02Kui. :2009/08/01(土) 23:14:41
>>67-69
俣野氏(股野氏)に関しましては、當麻無量光寺の伝記によります
と呑海上人という人物が股野氏の出であり、その上人が開いた寺院
として、藤沢の清浄光寺をあげており、この一帯が旧来よりの俣野氏
の勢力圏において重きをなしていた辺りなのではないでしょうか?
なお、この呑海上人という人物は俣野郷の地頭俣野五郎景平の兄
弟とされているとの事です。

71 :KowLoon ◆8Dxo02Kui. :2009/08/01(土) 23:32:32
なお、三浦氏に関しましては、相模国の三浦郡の旧名が御浦であり、
この郡内に御浦郷がありまして、その地の豪族として御浦氏の存在が
姓名録抄等に見られ、この豪族の後裔として三浦氏が考えられると
の事です。

なお、この御浦氏でありますが、薬師寺文書の天平勝宝年間に記載
がある「御浦郡司代太田部直國成」など太田部直一族の末裔と考え
られており、この太田部直は相模国造家に連なる豪族とされます。

因みに、相模国造家は出雲臣族の漆部直(相模宿禰)でありますが
同じくほぼ同時期に国造となった武蔵国造家の丈部(武蔵宿禰)氏も
出雲臣族であり直姓となっており、この武蔵国造に関しては国造となっ
た者やその一族とされる豪族などに関しましても、笠原直、大伴直、
丈部直(武蔵宿禰)、物部直(入間宿禰)、など多くが直姓と言うこと
もあり、この太田部直は出雲臣続系国造家の一族とみる事は難しく
ないかと思います。

72 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/02(日) 14:12:51
>>70
遊行寺のことですね、、時宗総本山
もともとは西俣野にあり、それが今の場所に移った。
やはり境川の川っぷちが俣野氏の本拠か・・・

73 :KowLoon ◆8Dxo02Kui. :2009/08/02(日) 23:51:29
>>72
まぁ、個人的には、自分自身の投稿を読み返しまして、少々疑問に
感じたと申しますか、全くと言っていいほど中世史に詳しくない私
としては理解出来ない点がありまして、個人的には普通、寺院を自
勢力内において建立するとすれば、勢力の中で最も繁栄している場
所を選ぶと思うのですが、最終的に建立された場所は、かつて寺院が
あった寺院跡であり、この点が非常に不可解ですね。

もし、この段階までに俣野氏が完全に没落していたとすれば、最終的
に一族が最も繁栄していた時代において重きをなしていた場所ないし、
その時代に非常にゆかりのある寺院(廃絶した寺院が俣野氏に関係
する場合ではありますが)の再建としての選択など、古来にその立地
の理由を求めることが出来ますが、この開祖となったお坊様は俣野郷
の地頭であったとされる俣野景平の兄弟であるとされ、仮に相当な年
齢さがあったとしても、寺院を建立する段階で廃寺になるほどの時間
的な差は生まれないと思うんですよね。
まぁ、強いて言えば、俣野氏がある程度の勢力があったとすれば勢力
の中心地に廃寺のままにし続ける事はないでしょうし、ある程度の規
模の寺院は豪族の支配地にそうそう多くは建立されていないでしょう
から、何故その地を選んだのか、という点は非常に疑問だったりします
ね。

74 :奇矯屋onぷらっと ◆SRGKIKYOUM :2009/08/03(月) 07:49:57
投げっぱなしになっていたので書いておく。
高望王とその子息たちの分布は、当時の中央の風習であった妻問婚が全国に波及した
時期と一致する。

常陸に拠った国香と良正は常陸大掾源護の入婿であり、
下総に拠った良将は下総少目県犬養春枝の入婿。
(同じように源護の娘婿でも良兼は父高望の臣籍降下後の嫡男なので)
(その遺産である武射屋形を相続した過渡期の異例と考える。)

村岡五郎良文についてはまた改めて。

75 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/03(月) 15:45:02

良文−忠光−貞通−忠通−為通?

76 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/03(月) 16:10:02
三戦ってなんで糞なの?

77 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/03(月) 16:15:06
君といつまでもってwikiによると300万枚以上売れたとか書いてるのに
歴代シングル売り上げに入ってないんですけど何故なんですか?

78 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/03(月) 20:13:40
血筋は平氏でも家柄(家名)としては古代氏族ってことか?

79 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/03(月) 23:29:05
>>76
おまえみたいな奴が居るからさ

80 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/05(水) 11:06:46
80げっと

81 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/05(水) 11:38:15
母方で養育され財産も女子が継承したなら何故天皇家の財産は内親王がすべてもってかなかったんだ?

82 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/05(水) 11:55:38
>「母方で養育され財産も女子が継承した」

( ^ω^)??

83 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/05(水) 11:57:34
妻の家に婿入りする風習といっても、家政を取り仕切るのは一族の長老男性だろ、日本の中世の場合。

84 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/05(水) 12:01:00
妻問婚
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション, 検索

妻問婚(つまどいこん)とは婚姻の一種で、夫が妻の下に通う婚姻の形態のこと。招婿婚ともいう。

女系制の伝統のある社会など母権の強い民族に多く見られる婚姻形態で、普通、子は母親の一族に養育され、財産は娘が相続する。 かつてこうした婚姻形態を持っていた民族として有名なのは、インド南部ケララ州に住むドラヴィダ人、古代の日本人など

85 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/05(水) 12:03:13
古代の、って書いてありますやん
何自慢気にコピペってはるんですか?

86 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/05(水) 12:05:02
平安までは古代なんだが

87 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/05(水) 12:06:24
>>85
高望王の子が関東の豪族の入り婿になったのは鎌倉以後って事?

88 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/05(水) 12:06:29
違うよ。
平安中期からは中世だよ。

89 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/05(水) 12:07:48
壬申の乱までが古代というのが現在では常識です
そんな何十年も前の知識で語られても困りますねw
だいたいソースがwikipediaとか舐めてるんですか?

90 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/05(水) 12:08:09
一般的な歴史区分では鎌倉幕府成立以降になってるはずだが

91 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/05(水) 12:08:42
>>87
お前頭おかしいんじゃないの?
一例だけで全部が確定とか全体主義者ですか?

92 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/05(水) 12:10:11
一般的な歴史区分なら院政の開始が中世の始まり

93 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/05(水) 12:10:35
>>91
鎌倉以後=中世で考えればそうなるだろ
そもそも一般的な古代の定義とずれた定義でいわれてもとは思うが

94 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/05(水) 12:11:53
院政期だとしても高望王はそれより100年以上前に関東に下向しているな

95 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/05(水) 12:13:22
>>93
あんたレベル低すぎ、議論の資格無いw
たった一つの例だけを持ち出して滅茶苦茶なこと言われても、
こっちとしては共感も何も出来ませんわw
じゃあ今からその説学会で発表してきたらどうです?
高望王が生きていた時代は鎌倉時代なんです!!!!ってさw

96 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/05(水) 12:14:59
>>89
何十年前の知識のわりにはいまだに最新の教科書にものるような知識なんだがな
学説と定説はちがう
一般人の常識と好きで調べている奴の常識もちがう

97 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/05(水) 12:16:14
ようするに高望王の下向したのは平安時代なわけだな
その平安時代は一般には古代に属するわけだ

98 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/05(水) 12:18:09
妻問婚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

[編集] 男系社会における妻問婚

古代日本は基本的に一夫多妻制の男系社会ではあったが、財産は女子が相続し、社会的な地位は男子が相続する形態を取っていたと考えられている[要出典]。
基本的に、女子は社会的地位(位階)は夫に準じ経済力は実家を引き継ぐが、男子は社会的地位は父に準じ経済力は妻の実家に準じる。
女子の後見人は兄弟や一族の男性であり、男子の後見人はやはり一族の主だった男性である。
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A6%BB%E5%95%8F%E5%A9%9A

ウィキ(笑)から引くにしてもせめてここまでは引用せんといかんだろw

99 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/05(水) 12:18:30
>>97
>>93氏の説によると高望王が関東に下向したのは鎌倉時代だそうですよw

100 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/05(水) 12:19:33
>>90
なってねーよw

101 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/05(水) 12:20:26
池沼赤っ恥wwwwwwwwwwwwwwww
まあwikipediaなんかから知識を得てる時点でおしまいだろ>>84>>93はwwwwwwww

102 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/05(水) 12:21:20
本日の池沼
>>84>>87>>93

103 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/05(水) 12:21:35
>>99
高望王が下向したのが中世ならって事だろw
一般常識がなさすぎる話だw
高望王の下向は平安時代だし平安時代は古代に属するからな
一度義務教育をやり直したほうがいいw

104 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/05(水) 12:22:46
お前ら後見人と相続者はちがうぞ
後見人はあくまでも補佐だからな

105 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/05(水) 12:24:23
それで平安時代は古代でいいのか

106 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/05(水) 12:25:35
>>103
はぁ?高望王が鎌倉云々言い出したのは本日の池沼>>84>>87>>93なんだがw
一般常識が完全に欠けていて義務教育からやり直すべきなのは本日の池沼>>84>>87>>93

107 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/05(水) 12:25:40
研究者の区分と一般的な教育の区分はちがうってこった
一般的な人にとっては学校でならう区分が常識だしな

108 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/05(水) 12:25:54
いくない

109 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/05(水) 12:26:43
その学校で習う区分で中世は院政開始からなんだから高望王は古代人で確定

110 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/05(水) 12:27:00
>>106
>>103>>99にたいして義務教育をやり直したほうがいいって言ってるわけじゃないだろ

111 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/05(水) 12:30:21
>>106
>>103>>99が引用した>>93に対していってるんだろ
高望王が下向したのは平安時代で平安時代が古代なのは常識だし
中世とか鎌倉時代とかいっちゃうやつは義務教育からやり直したほうがいいってことだろ

112 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/05(水) 12:31:23
学校で習う区分だと中世は早くても院政期か平氏台頭
いまだに鎌倉でまかりとおっている希ガス

113 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/05(水) 12:32:48
>>81
wikiに書いてることが嘘っぱちだからです

114 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/05(水) 12:34:09
考えてみれば古代が壬申やら平安までなら教科書は改訂されないんだろうな


115 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/05(水) 12:35:05
>>114
そりゃ数百万人が毎年学ぶ国家おすみつきの今の定義よりも説として貧弱なんだろ

116 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/05(水) 12:37:16
よくわからんがまとめると古代の日本人は妻問婚をしていて高望王はその時代に下向しているとそういうことか?

117 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/05(水) 12:38:44
wikiの書いてあることがうそなら中世までつづいていたかそんな風習無かったかのどっちかだろ

118 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/05(水) 12:40:44
相続人は財産をじっさいに相続する人
後見人は相続人が幼かったり保護が必要な場合に後見する人
やっぱり内親王が全部もっていってそれを補佐する皇族がいたってことだろうな
wikiの書いてあるとおり娘が財産を相続したり日本が妻問婚ならの話だけど

119 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/05(水) 12:43:58
>>107
>研究者の区分と一般的な教育の区分はちがうってこった
>一般的な人にとっては学校でならう区分が常識だしな

「学校でならう」教科書だって執筆陣は「研究者」だよ。

120 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/05(水) 12:46:29
>>119
じゃあ研究者も一般人も学校で習う区分でおkということか

121 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/05(水) 12:48:10
まとめると高望王は院政や鎌倉以前の人だから中世じゃなくて古代人

122 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/05(水) 12:49:04
あとwikiは嘘っぱちで娘が相続したり日本には妻問婚という風習はなかったということか

123 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/05(水) 12:54:36
池沼の言い分は平安は中世とかいっちゃった常識のない連中に常識を逆手にきりかえしただけな希ガス

124 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/05(水) 12:55:29
ちなみに今年本屋で買った山川の『詳説日本史B』だと、中世(社会の成立)は、
「院政と平氏の台頭」
というタイトルから始まっとるな。

125 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/05(水) 12:58:54
鎌倉幕府成立から院政期までさかのぼったんだな

126 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/05(水) 13:10:04
読みかえすと上のほうで平安は中世!古代は壬申まで!ていってる痛い子がいるな

127 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/05(水) 13:11:04
もういじめるなよ
誰にもミスや勘ちがいはあるもんだし

128 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/05(水) 13:17:11
いや、実際平安は古代と中世に分かれるのが「常識」なんだが。
さっきからねちねち「平安は古代、それが常識」と念仏のように繰り返している約一名の方が余程イタイ奴w

129 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/05(水) 13:19:14
残念なことに両方とも平安時代をわけて区分しちゃいないわけだが

130 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/05(水) 13:21:06
ようするに平安は古代っていったやつも平安は中世っていったやつもいたい奴なんだな
でも院政期から中世としても高望王の下向はそれ以前だから古代

131 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/05(水) 13:22:19
まとめると壬申までが古代っていったやつが一番かわいそうな子ということか

132 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/05(水) 13:25:04
もう平安時代の院政前までが古代で以後が中世というのと高望王は古代でいいだろ


133 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/05(水) 13:59:20
分からないなら絡まなければいいのに
ぷらっとの振った話題はただの叩き好きな夏厨には難しすぎるお題だぞ

134 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/05(水) 14:21:45
それと時代区分は別だと思うがな

135 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/05(水) 14:28:14
相模とか武蔵とかかたってたクーロンとかスレからでていきそうだな

136 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/05(水) 15:40:18
武士団の起源を語るのに板の時代区分などどうでもいい
細けぇこたぁいいんだよ!

137 :無名武将@お腹せっぷく:2009/08/05(水) 16:01:20
板の時代区分じゃないだろ
高望王が下向したときは古代か中世かの話だったわけだし

26 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)